自分の頭皮環境を知る

育毛剤選びのポイント

育毛剤は日々進化し、今では様々な種類のものが販売されています。
しかしこれだけ沢山の種類があると、どれを使えば良いか迷ってしまいますよね。

育毛剤の種類は大きく分けて4つの種類に分かれています。
1、男性ホルモン抑性タイプ
2、血行促進タイプ
3、栄養補給タイプ
4、皮脂抑性タイプ

それぞれ薄毛に対してのアプローチが異なるので、まずは自分に合った育毛剤を探すことが大切です。
また、今お使いの育毛剤であまり効果を感じられない場合も、
ご自身の症状と育毛剤の種類が合っていない可能性が考えられます。

最近ではいくつかの効果が複合されているタイプの育毛剤も販売されているので、
もし迷った場合は万能性の高い育毛剤を選んでみるのも、方法の一つです。
育毛剤には医薬品と医薬部外品の2種類あるそうです。


●タイプ別育毛剤の選び方●

1、男性ホルモン抑性タイプ
AGA(男性型脱毛症)による薄毛に効果のあるタイプです。
男性の薄毛症状で、もっとも多いと言われているのがAGAです。
頭頂部から薄毛が広がっている、もしくは生え際が後退している方は
このAGAに当てはまる可能性があります。

AGAの原因としては、
「ジヒドロテストステロン(DHT)」と呼ばれる男性ホルモンの影響と言われており、
AGAが原因の抜け毛を予防するには、DHTの生成に関わっている変換酵素
「5α-リダクターゼ」の働きを抑制することが効果的です。

2、血行促進タイプ
毛髪は、髪の根っこである毛根が、血液中から酸素や栄養素を補給する事で育ちます。
しかしストレスや生活週間が乱れることによって血行が悪くなると、
毛根が栄養を補給できなくなってしまい、薄毛や抜け毛などの原因となってしまいます。
仕事などが忙しくストレスが溜まってる…という方はこのタイプをオススメします。

3、栄養補給タイプ
折角頭皮の血行が良くなっても、血液中の栄養が不足してしまっては意味がありません。
食生活が偏りがちな方は、このタイプの育毛剤を選んで、髪に栄養を補給してあげましょう。

4、皮脂抑性タイプ
毛穴が皮脂などの汚れで詰まっていると、べたつきやかゆみの原因になります。
また、育毛剤を使っても毛根まで浸透せず、結果として育毛剤の効果を得られない場合もあります。
しかも毛穴が汚れたままで放っていると、皮脂が過酸化脂質となってしまい、
毛穴周りに炎症を起こして、やがて毛根を弱らせてしまいます。
頭皮がべたつく、かゆみがある、フケが気になると言う方は、
まずはこのタイプを使ってみる事をオススメします。

Copyright(c) 2013 髪を育てる方法 All Rights Reserved.