自分の頭皮環境を知る

育毛の誤解と真実

育毛剤以外にも、育毛に良いと言われているものは沢山あります。
しかしその方法の全てが育毛に効果があるのでしょうか?

実は、中には全く根拠の無いものも含まれています。

・薄毛、抜け毛は遺伝する
・白髪の人は薄毛、抜け毛にならない
・女性は薄毛、抜け毛にならない
・男性ホルモンが多いと薄毛、抜け毛になりやすい
・シャンプーをすると薄毛、抜け毛になる
・殺菌効果のあるシャンプーは、育毛に効果がある
・清涼感のあるシャンプーは、育毛に効果がある
・洗浄力の強いシャンプーは、育毛に効果がある
・頭皮を叩いて刺激を与えると育毛に効果がある

これらはごく一部の例ですが、実はこれ全て「誤解」なんです。

まず、白髪は遺伝するのですが、薄毛、抜け毛は遺伝ではありません。

白髪は通常の黒髪よりも軽いため、ボリュームがあるように見えやすいのです。

シャンプーをせずに汚れを溜めると、逆に毛穴に皮脂が詰まって抜け毛の原因になってしまいます。

男性ホルモンが薄毛や抜け毛に影響する事は確認されていますが、
だからといって直接の原因となっている訳ではありません。

頭皮を叩き過ぎると、皮膚組織を傷つけてしまう恐れがあります。

殺菌効果のあるシャンプーや、洗浄力の強いシャンプーは、頭皮に必要なものまで
全て洗い流してしまったり、刺激が強すぎるため、逆効果になってしまう可能性があります。
ですから、毎日の洗髪には頭皮に優しい育毛シャンプーを使うようにしましょう。

また、育毛器具などにも注意が必要です。
育毛効果のあると言われていた、高周波を取り入れた美容器具などが
若い女性を中心に人気がありましたが、これを使用する事で、
肌に火傷を負うなどのトラブルを引き起こすなど、問題が発生したりしました。

そのほかの育毛器具も、血流を促進させ、発毛を促すなどと言われています。
これらの殆どは電気を利用したものです。

しかしこれらも、もし頭皮の血管に問題があった場合、
育毛に効果が無いばかりか、皮膚組織への悪影響も考えられるのです。
頭皮への過剰な刺激は、皮膚組織を傷つけてしまったり、その刺激によって頭皮が硬く、
厚くなってしまい、髪の毛が生えづらい状態になってしまう事も考えられます。

頭皮や髪の毛はとてもデリケートなものです。
強すぎる刺激などは避けて、頭皮や髪に優しい成分の育毛剤を使うなどを心がけましょう。

Copyright(c) 2013 髪を育てる方法 All Rights Reserved.