自分の頭皮環境を知る

育毛剤の副作用

育毛剤を使ってみたいけど、副作用は大丈夫なんだろうか?
そんな風に考えて、育毛剤を使ってみる事に戸惑いを感じる人も多いようです。

使われている成分や、体質によってさまざまですが、
育毛剤を使うことによって副作用が現れるケースはやはりあります。
育毛剤の副作用としては、頭皮のかゆみ、頭痛、めまいなどの症状が、特に多く報告されています。
体質にもよるため、全く症状のない方から、強く症状の出る方まで様々です。

育毛剤の中には、使用することによって血管を拡張させる作用を持っているものがあります。
この種類の育毛剤は、もともと高血圧の治療に用いられていたもので、多毛症になる患者が多かった事が注目され、育毛剤の用途として開発されるといういきさつがあります。

このタイプの育毛剤は、本来高血圧用の治療薬のため、
使用する事で低血圧になる方や、頭痛や吐き気などの症状、
また、胸の痛みや動悸といった心臓や血管に関係している副作用も報告されているそうです。
発毛効果は高い反面、副作用が出る可能性も高いとも言われています。

男性型脱毛症(AGA)に効果を発揮するタイプの育毛剤は、
男性機能へ影響を与える副作用が現れる事があります。
症状としては性欲の減退、勃起不全、精子の減少などです。

また継続して使用する事によって、肝障害などを引き起こす可能性も報告されています。
これはテストステロンという男性ホルモンの働きが抑えられる為に起こる現象と言われていますが、
副作用の生じる可能性は低く、症状も比較的軽微との報告もあります。
また、このタイプの育毛剤は、女性の使用が禁止されている場合もあるので注意が必要です。

もし育毛剤を使用していて副作用が現れた場合は、
すぐに使用を中止して、医師に相談するようにして下さい。

育毛剤にも様々な種類や効果があります。
一度副作用が現れてしまったからと言って諦めたりせず、
ご自分の体質に合った育毛剤を探したり、試してみたりしましょう。

Copyright(c) 2013 髪を育てる方法 All Rights Reserved.