自分の頭皮環境を知る

育毛剤と発毛剤の違い

今の市場には多くのヘアケア商品や、ヘアケアのアイテムが出回ってるます。
その中に「育毛剤」を前面に出した商品だったり「発毛剤」と書かれた商品だったりあると思います。
「育毛剤」と「発毛剤」その違いを知っていますか?

「育毛剤」とは簡単言えば医薬部外品で、穏やかな効果が期待できる商品です。
では「発毛剤」は医薬品であり病気の治療予防に利用されると言う違いになります。

ここで重要になってくるのが、医薬部外品と医薬品の違いになってきます。
医薬部外品は専門家の説明なくとも利用できる化粧品のような物で、
医薬品は医師からの説明や処方が必要となると言う事です。
結局は薬品の成分や種類によって「育毛剤」とよばれたり「発毛剤」と呼ばれたりする事になります。

難しいのはどちらを選ぶかだと思います。
もちろん発毛剤を利用するのであれば医師の方や、
薬剤師さんのお話を聞くなり相談するのが大前提です。

育毛剤を利用する方が少しだけ気軽かもしれません。
その中でも効果や期待が大きい物があればうれしいですね。

もう一つ言われているのが「育毛」と「発毛」の違いです。
育毛剤とは産毛も含め現在生えている髪を育てる事。
発毛とは一度脱毛してしまった毛穴から、再度発毛させる事。
この様にも言われてる様です。

育毛は外面から影響を与えたりする物で、発毛は内側から髪に影響を与えるとも言われています。

ここまで、俗に言われる「育毛剤」と「発毛剤」の違いに触れてきましたが、
では利用する際にはどれがいいかが分からないですよね?
ここまでの違いを理解した上で色々試していくのも一つの方法かと思います。

ただ一番重要なのが次の事柄だと言う事をわすれないで下さい。
「育毛剤」でも「発毛剤」を利用するにしても、
ご自身の頭皮と髪の環境をよく理解してから使う事が大切です。
ご自身の髪のためにも環境をよくしていく為にも、まずは今現在の環境の何がいいのか、悪いのかを、
少しでも分析してより自分に合う「育毛剤」で髪環境の改善と、育毛に役立てて下さい。

Copyright(c) 2013 髪を育てる方法 All Rights Reserved.